ニュース

豊島区政12年のまちづくり!

小林俊史の区議時代の姿も

綴っていただいています。

 

著者:溝口禎三さん

本紙「都会のふくろう」連載中

 

全国書店で販売中です。

”オススメ”のお店

サンシャインシティ「池袋ぱすたかん」

豊島の民話が楽しめる!

 思わず「パスタのお店」と思ってしまうがなんと!お好み焼き屋さん。現在は首都圏に17店舗ある「ぱすたかん」1号店がオープンしたのは1976年。当時はまだ「パスタ」という言葉は一般的ではなかった。パスタ(pasta)は、イタリア語で小麦粉を使った料理の総称を意味している。つまり、お好み焼ももんじゃ焼きも“パスタ”というわけだ。
 池袋サンシャインシティで約18年間営業している「ぱすたかん」は昨年11月にリニューアルオープン。リニューアルにあたって地元出身の社長・岸野禎則さんが「店舗にテーマ性をもたせたい!」ということで、店内の壁面に豊島に伝わる民話をアレンジすることになった。38話ほどある民話から選ばれたのは『「お」の字』『吉多明神』『池と袋と亀の話』『すすきみみずく』『力くらべ』の5話で心が温まる。まるで大きな絵本を読んでいる感じである。
「親子で来店され、民話を楽しみながら大いにお好み焼きを味わってほしい」と店長の梅田雄介さんは言う。中でも『池と袋と亀の話』をモチーフにした「池と袋と亀のもんじゃ」がお勧めという。
※「豊島の選択」の読者には会計時に10%オフのサービス(4月30日まで)をしてくれる。(2012.3月号より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【池袋ぱすたかん】
 豊島区東池袋3-1-1サンシャインシティアルパ

B1味の小路  電話番号 03-5992-0976
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:15)

ランチ 月~金 11:00~14:00(平日のみ)
 年中無休

店内の壁に描かれた民話『すすきみみずく』
店内の壁に描かれた民話『すすきみみずく』
池袋ぱすたかん店長・梅田雄介さん
池袋ぱすたかん店長・梅田雄介さん